ヒゲ脱毛・抑毛に挑むなら…

ヒゲ対策の方法まとめ

プロフィールの記事でも触れましたが、「ヒゲのせいで不愉快な思いをするのは、もうこりごり。何とかしなければ……」と決意したのを受け、具体的な方法を調べて自分なりに整理してみました。

 

自分で処理

方法 長所 短所
家庭用脱毛器 レーザー式脱毛器 脱毛の効果が高く、ほとんど毛が再生することはない。※時が経つと再生するそうです。詳しくはこちら 強い痛みを感じる人もいる。価格は少々高め。
フラッシュ式脱毛器 レーザー式より痛みが少ない。処理にかかる時間が少ない。 かなり高価。脱毛の効果がやや低く、後に毛が再生することもある。
熱線方式(サーミコン式)脱毛器 比較的値段が安い。 毛根を熱で焼き切るため、処理中は毛の焼ける臭いがする。
シェーバー式
脱毛器
毎日手軽に使える。 痛みを伴う場合がある。発毛サイクルによって毛が再生する。
脱毛・除毛クリーム 塗るだけなので簡単。しかも安価。 肌を傷めてしまう可能性がある。恒久的な効果は期待できない。
抑毛ローション・ジェル 塗るだけなので簡単。しかも安価。 即効性はない。
毛抜き 最も安価。 かなりの痛みを伴う。肌への負担が大きく、埋没毛発生の危険もある。

 

専門機関(メンズエステやクリニック)で処理

方法 長所 短所
レーザー脱毛 比較的短期間で施術可能。ほとんど毛が再生することはない。※時が経つと再生するそうです。詳しくはこちら 費用大。肌を傷める場合がある。
光脱毛 痛みは少なく、脱毛の効果が高い。 費用大。施術期間が長い。
針脱毛 肌への影響が少ない。太くて硬いヒゲにも有効。 費用大。施術期間が非常に長い。

 

だいたいこんなところでしょうか。この中から、自分がどの方法を採用するか、予算とか切実度とか、さまざまなファクターを考え合わせて決めなければなりません。

 

プレミアムアフターシェイブローションのレビューへ

 


 
トップ 管理人プロフィール 商品レビュー 実践レポート お問い合わせ