ヒゲ脱毛・抑毛に挑むなら…

永久脱毛で後悔しないために

「後悔先に立たず」と申しますが、永久脱毛をして憧れの無毛状態になったのに、後悔してしまうことがあるみたいです。

 

きっかけは身近な人の反応。意外に女性から「ツルツルはないわ〜」などと、ダメ出しをくらうことがあるとか。彼女や奥さんは大丈夫でしょうか?
よくよく聞いてみると、実はヒゲ好きだった、なんてことはありませんか。

 

それと、盲点なのが加齢。これは私も意外でした。

 

青少年期は、確かにヒゲなしのほうが爽やかな感じがしていいですね。ヒゲが濃いと、私のように20代で「老け顔」とか「クマゴロー」とか言われて、トラウマになることも。

 

しかし、中高年期になると、無毛というのは何かが不足したアンバランスな印象を与えるそうです。言われてみれば、そうかもしれません。

 

それにしても、高いカネを払って、痛みに耐えて、無毛になって、「やっぱりやらなきゃよかった」では、あまりにも悲惨です。完全な無毛になるわけじゃありませんが、確実にヒゲは薄くなります。

 

では、どうすればいいのか?

 

永久脱毛した場合の、自分なりのメリットとデメリットを洗い出し、熟考する

 

たとえば……

 

メリット
  • ヒゲ剃りから解放される→時間とランニングコストの節約
  • カミソリ負けによる肌荒れが解消される→肌荒れ対策費用の節約
  • 見た目のコンプレックスから解放される→明るく積極的に暮らせる
デメリット
  • ツルツルが嫌、あるいはヒゲが好きという人がいる
  • 年をとると見た目がアンバランスになる(可能性がある)
  • 一時的な出費が高額
  • 痛みに耐えなければならない
  • 施術に通う時間がかかる

クリニックやメンズエステで、デザイン脱毛について相談する

 

参考になるパターンを聞いてみて、それをもとに、どういうふうにヒゲを残したいか、どの部分を脱毛したいのか、しっかり決めて伝えておきましょう。

 

そして、最後に

 

彼女や奥さんには、必ず事前に報告しておく

 

ですね。


 
トップ 管理人プロフィール 商品レビュー 実践レポート お問い合わせ