ヒゲ脱毛・抑毛に挑むなら…

ヒゲ脱毛時の麻酔について

当サイトでも紹介しているゴリラ脱毛。公式サイトのQ&Aで「ヒゲ脱毛は痛いのでしょうか?」という質問に対して、回答が「はい、痛みます」

 

そうなんです。脱毛には痛みがつきもの。避けることはできません。

 

どのくらい痛いのかというと「毛抜きでヒゲを抜くときの倍痛い」とか。毛抜きの経験は数えるほどしかありませんが、あれ、痛いんですよね。その倍とか……かんべんしてください。保湿することで痛みは緩和できるそうですが、実際には“焼け石に水”でしょう。

 

そこで登場するのが「麻酔」。ここでは、ヒゲ脱毛時の麻酔について、種類、特徴、メリット/デメリットを簡単にまとめてみました。

 

ただ、麻酔はれっきとした医療行為になるので、医療機関(クリニック)しか使用できないことになっています。一部のメンズエステでは、医師の指導のもとで使用可というところもあるようですが。

 

麻酔方法の種類には、笑気麻酔、麻酔クリーム、麻酔シール、局所麻酔注射などがあります。

笑気麻酔

脱毛はもちろんですが、美容整形や歯科、分娩など幅広く用いられており、その分、安全性も高いようです。
料金は、だいたい30分で3,000円前後というところ。

長所
  • 鎮痛効果が強い。
  • 効果の現れるのが速く、副作用が少ない。
短所
  • 鎮静作用は弱い。
  • まれに悪心・嘔吐を催すことがある。
  • まれに過呼吸を起こすことがある。
  • 使用する笑気ガスは強い温室効果ガスであり、地球環境に悪影響を与える。

体験した人によると、鼻にチューブを入れて、ゆっくりと呼吸するそうですが、そのうちに頭がぼーっとしてきて、体もふわふわ宙に浮いたような感覚になるそうです。

 

麻酔クリーム

比較的大きな「面」を脱毛する際、施術の約30分〜1時間前に肌の表面に塗ります。
料金は、5グラム(小さじ1杯)で3,000円前後。安くはないですね。
しかも、肌の表面にしか効果がありませんから、毛穴の奥の痛みには無力。

 

ちなみに、麻酔クリームの主成分となるリドカインは、世界で最も広く使用される局所麻酔薬で、抗不整脈の薬でもあるそうです。

 

麻酔シール

一般的に用いられているのは、リドカイン配合の「ペンレステープ」で、これを施術の2時間前に貼り付けます。ペンレステープは1枚5cm×3cmで、値段は200円ということですが、施術込みで約1,000円というところが多いようです。

 

効果のほどですが、軽く痺れた感じという程度で、気休めですね。麻酔クリームのほうが効果ありかも。
副作用としては、意外に粘着力が強く、かぶれてしまうこともあるそうです。

 

局所麻酔注射

値段は範囲によりますが、1回5,000円〜10,000円ぐらい。ただ、ヒゲ脱毛の場合、顔に注射をすること自体が痛い上に、鼻下だけでも5〜6回射つとのことで、考えただけで痛いのでボツ。

 

こうしてみると、最もリーズナブルなのは「笑気麻酔」ということになりそうです。


 
トップ 管理人プロフィール 商品レビュー 実践レポート お問い合わせ