ヒゲ脱毛・抑毛に挑むなら…

ヒゲ対策最終手段

その1:日焼けしてヒゲを目立たなくする

 

管理人もそうなのですが、どちらかというと色白の顔に黒いヒゲがポツポツ生えているからイヤでも目立つのであって、肌が黒くなれば相対的にヒゲが目立たなくなります。黒い背景に黒い文字を書いても読めないのと同じ理屈ですね。

 

“日焼け”とくれば、登場するのが「日焼けマシーン」とか「日焼けサロン」ですが…

 

日焼けマシーン、もてはやされた時期がありましたが、現在では紫外線の害というか悪影響が広く知られるようになってきているので、あまり話題になりません。

 

もともと日焼けマシーンは医療用に開発されたものとのこと。ただ、若い頃に大量の紫外線を浴びると、皮膚のたるみやシワ、シミが増え、皮膚がん発生率も高いということで、海外では「日焼けマシーン」とか「日焼けサロン」の利用にいろいろと規制が設けられているようです。

 

そうした事情も考慮して、このサイトでは「日焼けマシーン」や「日焼けサロン」に関する商品は紹介しません。参考資料へのリンクのみ掲載しておきます(↓)。

 

日焼けマシンの使用に伴う危害の防止について

 

***** 2014.06.22 追記 *****
日焼けに関連するのですが、「日光を浴びるとヒゲの伸びが抑えられる」と、いろいろなサイトに書かれています。ただ、その理屈というかメカニズムについては、検索しまくっても記述がまったく見当たりません。

 

まあ、適度に日焼けするとヒゲが目立たなくなるし、その上、抑毛効果があるとなれば、いいことずくめじゃないですか。日光を浴びる時間を意識的に増やしてみましょうかね。

 

といっても、せいぜい車での移動を自転車に切り替えるぐらいですが。

 

その2:開き直ってヒゲを伸ばす

 

話をもとに戻して、ヒゲ対策の究極の手段はこれです。“剃ってダメなら伸ばしてしまう”しかありません。

 

事情が許すなら、イメチェンや気分転換を兼ねて、ヒゲをファッションの一部にしてみてはいかがでしょうか。
ヒゲの濃い人は、どうしても嫌ならお金をかけてでも脱毛で処理できますが、ヒゲの薄い人はどうやってもヒゲを濃くすることはできません。下で紹介するサイトなどを参考に、不精ヒゲを逆手にとって男らしさをアピールしたり、いろいろなヒゲスタイルを楽しんでやろうと割りきってしまえるものなら…

 

男度を上げる、薄毛に似合うヒゲスタイル

 

世の中には「ヒゲトリマー」などという便利なグッズも発売されているようです。

 

管理人が選んだヒゲトリマー3モデル


 
トップ 管理人プロフィール 商品レビュー 実践レポート お問い合わせ